自らの力でストレスを軽減化(リダクション)する具体的な方法を家庭・学校・職場・組織・地域社会などで実践と指導ができる人を各地に育成し人々が健康的で明るく、仲良く、安心して生活できることに貢献する。
そのために資格制度を設けます。

 

ストレスリダクションコーディネーター資格について

資格と資質

ストレスリダクションコーディネーターとしてストレスリダクションメソッドを伝えようとする者に対して、協会では講習会を実施し、その理解と習得技術に応じて資格体系を認定します。また日々進化するストレスリダクションメソッドの理解を深めるために継続的な協会の勉強会への参加が義務づけられます。

ストレスリダクションコーディネーターに求められる資質
・規約、ルールを理解した上で遵守できる
・仲間を尊重し、自分だけではなく、仲間や組織全体の熱量を上げる
・協会のイベントや各地域の活動などに積極的に参加する
・協会が広げようとしているストレスリダクションメソッドをよく理解し、それを伝える


注意)ストレスリダクションコーディネーターには役職、役割、受講期の違いはありますが、それは上下関係を示 すものではありません。ストレスリダクションコーディネーターは全員が対等な立場であり、命令関係、主従関係、師弟関係などはありません。

一般会員とは

「ストレスリダクション(ストレスの軽減化)」技法を「世間に広めたい」「地域社会の役立ちたい」と考える協会理念に共感してくださる方。

 

初級ストレスリダクションコーディネーター資格とは

ストレスリダクションコーディネーター「初級」(・ストレスリダクションの理念が理解される)を取得し、その技法・技術を協会から認められた者。
1)プレゼンテーションができる(講師として指導はできない)
2)それぞれの生活において、無理のない範囲でストレスリダクション技法を伝えることができる

 

中級ストレスリダクションコーディネーター資格とは

ストレスリダクションコーディネーター「中級」を取得し、その技法・技術を協会から認められた者。
1)個人・集団に対して臨床的実践を行うことができる
2)関わりのある団体からの依頼を受け勉強会・講演会講師ができる(講師として学習した技法の演習を 実施できる)
3)自ら企画した非会員向け勉強会で講師の立場をとることができる
※中級資格取得後、講座、研修会で講師を務める場合、講師研修を受けなければならない

 

上級ストレスリダクションコーディネーター資格とは

ストレスリダクションコーディネーター「上級」を取得し、その技法・技術を協会から認められた者。
1)協会にオファーのあった勉強会・講演会講師を担当できる 2)中級になった会員のアフターケアとしてスーパーバイズを行う 3)会員同士の勉強会で講師の立場をとることができる ※上級資格取得後、講座、研修会で講師を務める場合、講師研修を受けなければならない

 

ストレスリダクションコーディネーター「プロモーター」資格とは

ストレスリダクションメソッドのプロモーションに積極的に参加できる
居住する地域において協会認定のストレスリダクション勉強会、研修会を主催できる
(一般会員以上であれば受講資格があります)

 

ストレスリダクションコーディネーター資格を取得したい方へ

「ストレスリダクション(ストレスの解放)」技法を「世間に広めたい」「地域社会の役立ちたい」と考える協会理念に共感してくださる方に、技法を取得して頂き、その資格を与える、ウエルライフ推進協会が認定する民間資格です。

まずは、ウエルライフ推進協会の会員としてご登録ください。
フォームからお問い合わせいただければ、折り返しご連絡いたします。

資格ランク 内容
初級
 最初の資格。1回90分のレッスンを、15回受講して頂き、
 最終的に「初級」検定試験を受け資格が授与されます。
 家族、仲間うちで「認定資格者」として、
 「ストレスリダクション技法」を世間に広め、社会貢献をしていただけます。

①プレゼンテーションができる(講師として指導はできない) 

②それぞれの生活において、無理のない範囲でストレスリダクション技法を伝えることができる

中級

①個人・集団に対して臨床的実践を行うことができる 

②関わりのある団体からの依頼を受け勉強会・講演会講師ができる(講師として学習した技法の演習を 実施できる)

③自ら企画した非会員向け勉強会で講師の立場をとることができる

※中級資格取得後、講座、研修会で講師を務める場合、講師研修を受けなければならない

上級  ①協会にオファーのあった勉強会・講演会講師を担当できる

  ②中級になった会員のアフターケアとしてスーパーバイズを行う

  ③会員同士の勉強会で講師の立場をとることができる

④ストレスリダクションコーディネーター初級講座の講師ができる

※上級資格取得後、講座、研修会で講師を務める場合、講師研修を受けなければならない

スペシャリスト  ストレスリダクションコーディネーター養成講座初級・中級・上級講座の講師ができる
プロモーター 居住する地域において協会認定のストレスリダクション勉強会、研修会を主催できる
(一般会員以上であれば研修受講の上、資格取得ができます)


 

見学は随時行っております。事前にフォームからお申し込みいただければ、折り返しご連絡いたします。

入会金は¥2,000、会費は1ヶ月あたり¥500(年払いのみ¥6,000)
以下、2022/05/12現在の料金表(税別)です

 【受講料一覧】2022/05/12現在
グレード(資格) 講座名 対象者 受講料(または費用)税別
初級  オンライン講座 新規 ¥33,000(うち¥3,000認定登録料)
初級  オンライン講座 資格者 ¥13,000(うち¥3,000認定登録料)
初級  ベーシック講座(対面)   新規 ¥33,000(うち¥3,000認定登録料)
初級  ベーシック講座(対面) 資格者 ¥13,000(うち¥3,000認定登録料)
中級  ベーシック講座(対面) 新規 ¥30,000
中級  ベーシック講座(対面) 資格者 ¥10,000
上級  ベーシック講座(対面) 新規 ¥30,000
上級  ベーシック講座(対面) 資格者 ¥10,000
選択研修    新規(初級資格者) ¥7,000
選択研修    資格者(中級資格者以上) ¥7,000
プロモーター研修    一般会員以上 ¥15,000(認定登録料・認定証作成費込み)

資格取得講座を受講された方の声

「シンプルで奥深い『基本』を思い出す機会」

MHさん(2022年・中級ベーシック講座受講)

コロナ禍においてなかなか対面での研修に参加することができずにいましたが、今回、意を決して参加したことで、これまでのオンライン研修では知りえなかったこれらのことを体感しながら学ぶことができました。実際に身体を動かし、考え、違いを感じることで「人に触れる」「人を支える」ということのシンプルさと奥深さに気づきました。日々流してしまう「当たり前」の言葉や動き、自分自身の持つ「クセ」に改めて気づかされました。  この講座は、対人援助職の方はもちろん、人との関係を見つめなおしたい方にとっても、何らかのヒントが得られる場となると思います
 

資格取得講座開催スケジュール

ストレスリダクション養成講座2022年度スケジュール表(諸般事情により変更する場合もあります)

初級ストレスリダクションコーディネーター資格取得講座情報

対面、オンライン、どちらでも選べる「初級講座」

より学びやすく、 よりご満足いただくため、 初級講座をリニューアルし、 オンラインor対面研修の2形式からお選びいただけるようになり ました。

すでに 初級講座にお申込みいただいた方々、 受講をご検討中の方々にはご迷惑をおかけしますが、 下記案内をご確認の上、 再度ご検討下さいますようお願い致します

【記】 ①初級オンライン講座(6か月、全15回)
     または
   ②初級ベーシック講座(2日間の対面式研修)
     日程:2022年6月11日(日) 〜12日(月)
     会場:愛知学院大学
ストレスリダクション初級資格を取得するには①または②のどちらかを受講後、初級検定を受けていただく必要があります。
受講費:新規の方 ①②ともに¥30000+認定登録料¥3000     
※すでに資格をお持ちの方 ①②ともに¥10000+更新手数料¥3000
※①のオンライン講座は15回の研修修了後、課題レポートを提出していただきます。
あらためまして、この度は開講直前の変更のため、大変ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。
 
お申し込みはこちら

中級ストレスリダクションコーディネーター資格取得講座情報

「中級講座」内容が変わりました

的確な見立ての習得 、学習した技法の演習を講師として実施できる 、個人・集団に対して臨床的実践を行うことができる、ようにするため、全講習を対面式とします

多様なシーンでの早急な実用を目指し、「中級ベーシック講座」と「選択研修講座」の二つ以上を受講して頂きます

【中級資格認定条件】
(1)中級ベーシック講座(全 2 日の研修)1 回以上
    +
(2)選択研修・・・*現場ジャンル(1 ジャンルにつき 2 日間)の中から選択
*現場ジャンル1子育て/家庭2産業3教育4介護5地域6支援 (1)(2)をそれぞれ 1 回以上受講すること。

【講座日程】
☆中級ベーシック講座(全 2 日の研修)
2022 年 5 月 14 日(土)、15 日(日)
2022 年 11 月 12 日(土)、13 日(日)

☆選択研修
1)子育て/家庭・・ 2022 年 5 月 28 日(土)、29 日(日)
2)産業・・・ 2022 年 6 月 25 日(土)、26 日(日)
3)教育・・・ 2022 年 7 月 23 日(土)、24 日(日)
4)介護・・・ 2022 年 8 月 27 日(土)、28 日(日)
5)地域・・・ 2022 年 9 月 24 日(土)、25 日(日)
6)支援・・・ 2022 年 10 月 22 日(土)、23 日(日)
※上記の予定は直近の日程です。これ以降も受講可能ですので添付の年間講座スケジュー ルをご参照ください。
【会場】愛知学院大学
※11 月以降の会場は未定です。 ※会場は変更になることがあります。
【中級検定】研修修了後、プレゼンテスト&面接試験を行います。
【お申込み締め切り】各研修日の 10 日前までにお申し込み下さい。

【受講料】
・中級ベーシック講座(全 2 日)¥30000
・選択研修(1 ジャンル全 2 日)1 研修 ¥20000
・認定登録料¥3000 ※すでに資格をお持ちの方は割引料金となります

 
お申し込みはこちら

中級講座での学びは?

ストレスに関する基本的な知識とそのプレゼンテーションができるという初級講座の内容に加え、中級ではストレスリダクション技法を実際の現場で使うことができるようになることを目指していきます。

VOICE 「最も大切な導入『所作』を学ぶ」

中級ベーシック講座を受講された方から  

中級ベーシック講座では、初級講座の振り返りと技法の導入部分のワークを行いました。中でも、私にとって大きな収穫は実際にどのような導入「所作」を経て技法を使っていくかということでした。この「所作」は日々の生活においてほとんど意識することなく流れてしまうような、本当にささやかな動きや言葉の加減を意味します。  ワークはどのように人をその場に招き入れるか、といったことから始まりました。また、「そうそう、そうです」と「そうそう、いいですね」は同じような言葉の羅列に思われるかもしれませんが、微妙なニュアンスに違いがあります。加えて、人に与える感覚は、指先で触れた場合と指の腹の部分で触れた場合とではまったく異なってきます。
 

全国に広がるストレスリダクションコーディネーター

日本全国各地でストレスリダクションコーディネーターが活躍中

北海道 4名
青森 1名
秋田 4名
岩手 4名
山形 1名
福島 5名
宮城 2名
茨城 3名
埼玉 1名
千葉 2名
東京 5名
神奈川 2名
長野 6名
静岡 5名
石川 5名
滋賀 1名
愛知 44名
岐阜 9名
三重 4名
大阪 5名
和歌山 1名
岡山 2名
広島 4名
高知 1名
鹿児島 1名
---------------
合計 126名(2020/04/29時点)